読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
大学で心理学を学びながらスポーツメンタルコーチを目指す学生。 シンプルが一番。難しくさせているのは自分。

人は居場所と愛を求めている。

人って何を求めているんだ。

選手と話しているとそう思う。
この人はなにを目指しているのか。

その時によく思い浮かぶのがマズロー欲求階層。



今回は心理学のお話。





マズローは人間には
・生理的欲求
・安心安定欲求
・所属欲求
・尊敬欲求
自己実現欲求

5つの欲求があるとした。
f:id:jb3baby1neversaynever4:20170325211728p:plain



生理的欲求はお腹空いた(食欲)、眠い(睡眠欲)、あの子好き(性欲)という三大欲求のこと。


安心安定欲求は自分が生活する環境の問題で、綺麗で寒さがしのげて、食材があって、お金があってといった住む環境が整っている安心と安定感が欲しいと思うこと。


所属欲求は人はなにかしらの集団に属していたいと思うようで、独りになりたくないと思う。



尊敬欲求は人から必要とされたり、人から尊敬される立場になりたがること。地位や名誉を欲しがるのはこの欲求


自己実現欲求は自分が成し遂げたいこと、目標としていること、夢のことで、自己実現にはこれら4つの欲求が満たされないと叶わないとマズローは考えている。








下位の生理的欲求と安心安定欲求はたいていの人だったら満たしている。
問題は所属欲求と、尊敬欲求

たぶんだれでもモテたい!とかすごいと思われたい!とか一度は思ったことあると思う。
その欲求が満たされてない人が多くいるんだと思う。

だから本当の安心や自分らしさというのを見失ってしまうんだと思う。





自分から愛す

人から必要とされたいなら自分から人を必要としなさい。

人から愛されたいなら自分から人を愛しなさい。




いや、やってるんだけど…
と思う人もいるけど、それでも続けていくこと。

人から必要とされている人は自分から誰かを必要とすることをいとわない。
むしろ一人ではできないということを知っているから、自然と人に頼れる。
だから人がいるところへ行けるし、その場を自分の居場所にできる。



人から愛されたいと思う人は誰からも愛されていなかったかもしれないが、本当は自分が誰も愛そうとしていなかっただけ。
人は誰も自分のことを愛してくれないと愛させないようにしていたのは自分。
自分のことを好きなのか好きじゃないのかなんだかよくわからない関係にしていたのは自分。
人を愛すってすごくエネルギーがいることで、よく面倒だと思うこともある。
ただ返してくれる人はちゃんと愛情で返してくれる。
そういう人たちを大切にこれからも愛していく。
そうやって愛し合う、支え合う、尊敬し合うこと。






もうここまできたらスーパーヒーロータイム
マズローはもう自己実現するしかない状況を理論づけた。



まとめ


100年くらい前からわかっていた欲求階層説。
心理学だけでなく経営学などにも活用されているそうで、難しい話ではない。
ただ自分の自己実現は自分さえよければいいってもんじゃないって話。





スポーツメンタルコーチ 泉圭織