読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
大学で心理学を学びながらスポーツメンタルコーチを目指す学生。 シンプルが一番。難しくさせているのは自分。

自分を変えさせてくれるのは人ではなく、行動

 

f:id:jb3baby1neversaynever4:20170324223148j:plain

 

 

一週間くらい前に東京で行われたあるセミナーに参加してきた。

「Sports connectors」と呼ばれているがこれは仮の名前らしい。

 

このセミナーにはスポーツ栄養士、理学療法士の方二人が主催で、毎月一度さまざまなテーマでセミナーをやっている。

スポーツが好き、スポーツにかかわっている人だれでも参加OKで毎回新しい人が来ているよう。

理学療法士、スポーツ栄養士、トレーナー、鍼灸師などスポーツ選手にかかわる人たちが集まる。

残念ながら私はそこまで仕事としてスポーツ選手に関われていないのだが、ここのセミナーに行くととても居心地がいい。

みんな意識高いからかな。

 

 

 

フリーランスのスポーツメンタルコーチになりたい

 

3月のセミナーテーマは「フリーランスになるために必要なこと」として恵比寿にスタジオを構えているトレーナーの鈴木謙太郎さん(http://www.mind-body.jp/)を招いてのお話。

 

スポーツメンタルコーチとして将来独立したい。

そう思って今回、新潟から参戦。

 

 

 

東京恵比寿に10年以上パーソナルトレーナーとしてやっているという謙太郎さん。

トレーナーについては最近やっとつながりが増えてきた職業の方々なので、詳しくは知らないけど独立して10年もやっていられるのはすごいことだと思う。日本にはどれくらいのトレーナーがいて、どのくらいの人たちが雇用ではなく独立してやっているだろうか?

それにトレーナーにも専門分野があるらしい。

一括りにトレーナーとされるのは、メンタルコーチがメンタルトレーナーと間違えられるのと同じだろうか。

 

 

コーチとトレーナーの違いについてはまた書こう。

 

 

謙太郎さんの話にはフリーランスを目指す人にだけでなく、目標を見失い淡々と生活してしまっている大人に向けての内容でもあったと思う。

小さいころや学生では目指すものがあった。目指す先輩、目指す職業、目指す大学、目指す企業…それが叶ったあと私たちは未だに輝き続けられているか?

大人になったら輝かなくてもいい?そんなことはない。大人だからこそ輝き続けなければ子どもの眼には見えてしまうだろう。「こんな大人にはなりたくない」

 

自分を輝かせるには

 

 

話の中で何回かワークがあったのだけれどその一つに

自分がやってて楽しいこと、夢中になれるもの、得意なものといった自分の長所を知ること。

これが一番自分を輝かせるもととなるもの。

それとともに自分が苦手とする短所も知っておく。短所を知っておくことは得意な誰かにそれを任せる時があるってこと。

それぞれ得意な分野で補っていくことができればきっとよくなる。プレーも、人間関係も。

 

人との出会いには必ず理由がある

 

それとフリーランスになるために必要な2つのこと。

人間性と専門性。

私はある時期、ジムに通っていた時があり、そこで出会った女性のトレーナーがとてもいい人だった。個人的な話も、メンタルコーチになる話も、精神面での支えも、トレーニングもこの人の人間性と専門性があったから続けられた。

メンタルコーチっていう職業はほとんど知られてないのにその人は「いいですね!」と言ってれたし、トレーニング中や減量していく私をたくさん褒めた。最後も笑顔で握手してトレーニングを終えた。

人を慰めることは誰でもできるけど、人の成功を一緒に喜べる人は少ない。と謙太郎さんはおっしゃっていた。

そう考えると私についてくれたあの人は、本当に素晴らしい人だったんだ。と一年経った今でも思う。のでその日の夜その人に久しぶりに連絡をしたら元気そうで私は嬉しかった。

 

それと同時に人との出会い、あらゆる経験には意味があると分かった。

ある人との出会いがそのずっとあとの何かに繋がっていることや、ある経験が緊急時に役に立ったりすることがある。

すべては今の自分に必要な要素で、いい人も相性が合わない悪い人も、ハッピーなこともショックなことも全部今の自分に必要なもの。

「もっと早く出会いたかった」というのは今出会うのがベストだったという証拠。

 

 

f:id:jb3baby1neversaynever4:20170324235425j:plain

 

 

 

 

自分を変えさせてくれるのは人ではなく、行動

 

ある人との出会いが人生を変えてしまうことがある。

けどよく考えると、その人に会うまで自分はどんな行動をしただろう?

ひきこもらず、外へ出て、(いやいやでも)何かしらの集まりに行ったり、何かに参加してみた。

その結果その人に出会うことができた。

つまり、その人に会ったから変わったのではなく、行動したから変わった。

自分が変わったからその人に会えたと言える。

 

私はそれをこの一年身をもって知った。

私が動き出さなかったら絶対に会うことはないだろう人たちに私はどんどん会いに行った。会って、話して、その人の雰囲気を感じて、吸い取って、今の私ができている。

 

3月も少ないが、また人に会いに行ってくる。

また新しい出会いあって、新しい体験をして、新しい自分になっていく。

 

 

 

 

スポーツメンタルコーチ 泉圭織