大学で心理学を学びながらスポーツメンタルコーチを目指す学生。 シンプルが一番。難しくさせているのは自分。

メンタル

失敗は失敗にならない

人のブログを読んでいると記事を書きたくなる泉圭織(@mental_izumi)です。 あるスポーツ心理学の本を読んでいるとふと気づいたことがあった。

学生や子どもがやるスポーツは勝ちではなく社会性を求める

スポーツにおいて勝ちをこだわるのはエリートスポーツやプロスポーツ選手だ。 彼らは卓越した能力を発揮し、競技することを仕事にしているため勝つことがお金になる。だから勝ちにこだわる。 それが地域のスポーツチームや、学校の部活、授業で絡まってくる…

自分が幸せであること

笑っていようと思う。 先日朝にTwitterを見ているとある動画をいいねしている友達がタイムライン上にでてきた。 くだらない動画だったのだが笑いのツボが浅い私は朝から涙が出るほど笑っていた。 抑えきれずぶぶっwとなっていたかもしれない。 家で見ていた…

気分が落ち込んだとき

気分が落ち込むことはだれにでもある。 自分って中途半端だな。これもできないし、あれもできないし。 って考えてると絶賛ネガティブキャンペーン中。 自分の世界が狭くなって、外の世界にある素晴らしいものに気づけない。 そういう時は、自分にあるものを…

現・ソフトバンク今宮健太選手の忘れられない言葉

現・ソフトバンクに所属している今宮健太選手をご存じだろうか。 大分、明豊高校出身で高校3年時には夏の甲子園ベスト8。 プロに入ってからは遊撃手が定位置であるが、高校生でも遊撃手に加え控え投手としても活躍する。最速154キロ。 プロ入り後は日本代表…

ムードメーカーはシシ神様

1月2日の夜に放送されたとんねるずとプロスポーツ選手との対決を行う番組の中で野球対決をしていた。 とんねるずと対する選手は中田翔選手、坂本勇人選手、山田哲人選手、前田健太選手という活躍した選手たち。 プロ選手だから打ってくれるだろうという期待…

成績を残すためには技術面か?メンタル面か?

ゴルフはメンタルスポーツと言われている。 数日かけて行われる大会でコンディション調整も必要だが 他の選手が一気にスコアを伸ばしてきていることやまったく調子が上がらない選手がいることが気になって自分の調子も狂いそうになる。 それはゴルフはもちろ…

2016年筑波大学蹴球部から学ぶこと

2016年全日本大学サッカー選手権大会で13年ぶり9度目のの栄冠に輝いた筑波大学蹴球部。 決勝では日体大を相手に8得点、無失点で圧倒的な強さを見せた。 また、決勝だけで2人もハットトリックを決めた。やばい。 この圧巻の優勝に周囲は喜ぶ。 しかし本当に見…

【漫画・宇宙兄弟の言葉より】迷った時は原点に返ってみる

今はやりたいことがたくさんあって困っているくらいだが、以前はやりたいことなんてなかった。 だから大学じゃなくて就職しようと思っていたが改めて自分はなにがしたいんだろうと考えた時やっぱり心理学は捨てられないと思った。 そしてそれを後押ししてく…

鹿島アントラーズの準決勝を観たあと感じたサッカーの本質に近いもの

昨日、世界一のサッカークラブを決めるFIFAクラブW杯で鹿島アントラーズが勝利をしてアジア勢初の決勝進出を果たした。 南米王者アトレティコ・ナシオナルを0点で抑え、3-0と快勝した。 その試合が終わった後サッカーについてぼんやり考えていたらある人から…

荒木さんのセミナーで学んだことをまとめた

ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」 (講談社+α新書) 作者: 荒木香織 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/02/19 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る よく書店にいくと 「成功する○○!」 「~がする成功の法則」 なんかがいっぱいあっ…

夢を叶えるための一番の近道はこれ

全然こちらの方は更新されていなかったのでちゃんと更新します。 「勝つメンタル!前向きにしかならないメンタル」 先日、京都へ行ってきた。観光ではない。遊びでもない。勉強である。 京都で行われた荒木香織さんのセミナーに行ってきた。

自分の武器が奪われる

現在埼玉西武ライオンズに所属している菊池雄星選手について少し書きたいと思います。 菊池選手は2009年に岩手県花巻東高校で甲子園出場、活躍した選手でプロ大注目の左腕投手でした。甲子園では154キロを投げ、「怪物」と呼ばれていました。 中学生の時すで…